【雑記】やりたいことをやると罪悪感って不健康! やっぱり「好きこそ物の上手なれ」なんじゃないの?

超お久しぶりの投稿! FBF以外の方は、もはや忘却の彼方でしょうか。

「マジで健康になる&メタトロン入門」講座が終了し、1ヶ月近くが経とうとしております。やばっ。

 

いやあ春だねえ。ドバトくんたちも花壇に植わる時期ですよ?

 

何をしていたかといえば、先月後半からはアポが増えて、

2年も会っていない友だちに会ったり、

獣医師のくま先生とやっと飲みに行けたり、

海外から一時帰国している仲間に会ったり(隣の席にWeb仕事の現場の人がいたり!)と……、

仕事の合間に、すごく久しぶりに、目的もなく、ただ会いたいから人と会うということをしていました。

そういう時間のなかで、大いに喋り、大いに笑い、改めて自分のことを客観的に考える機会をもらったり、とても充実感のある3月後半でした。

 

とはいえ、遊んでいた感触はまったくなくて、むしろどうやって時間を二倍に使えばいいのか? どうやって仕事や生き方に活かすか? ばかり考えまくっていたように思います。

というかとくに2016年からずっとそんな感じ。いやもっと前からかな。

そうなのよ。

遊びたいこと、やりたいことが山ほどあるんで、いかにそれをやっても「罪悪感がないように」するかっていうのがカギでした。

 

うーん。それが今になってやっと、違和感。

遊ぶこと、やりたいことをやることに罪悪感を覚えるってどうなの?

 

たとえばさ、DVDがっつり見たいとか、写真集を穴が空くほど眺めていたいとか、それで絵を描きたいとか、人形で遊びたいとか、外じゃできないから家で思う存分ニヤニヤしていたいとか、あるじゃないですか。あるよね。オタクで変態ならみんなあるよね。オタクで変態でなくてもままあるよね。ない? いやあるよ。

 

本だって、ほんとはこれ読みたいっていうのがあるのに、「これ読まなきゃ」っていうのを知らずに歯を食いしばって手に取っている。別に何からも誰からも強要されていないのに。

で、それに気づいていないの。

当たり前のように自分に「耐える」という選択をしている。修行僧気分。

それに3日前くらいに気づきました。

 

そもそもわたしがなんでガマンするようになったかといえば、

これまでの人生、やるべきことをやってこなかったことでツケが廻ってきたなというのを、20代最後くらいから感じるようになってきたからなんですね。

「THE 人生で第一回目、周りの人たちを見て焦りはじめる年頃」じゃない?

 

みんなが勉強している間に、わたし全然勉強しなかった。

常に「自習」ですから。(笑)

みんなが歯を食いしばっている間に、うまいこと抜け道で大学までいったような感じ。

まあ運だけはホントによかったということですね。

 

それで大学に入って、ちゃんと勉強してきた人たちと同じ場所にいるって大変なのね、と思い知ったし、

ようやく強く惹かれるジャンルが出てきたことで(文学)、自分なりにマイナススタートで頑張ったつもりだけど、そもそも素養が違うんで進みは遅い。

今になって当時頑張って読んだ本とか目を通すと、これさえ読めなかったのかわたしは、と愕然とする。

もちろんそれだけ成長できたのかと嬉しい気持ちもある。

でもやっぱり、いや〜酷いな、と思う。

だって自分が今読めるようになったということは、幼少期からもうちょっと真面目に生きていれば、もっと短い時間でその当時読めるようになっていただろうし、今より時間のある頃にもっと先に行けたかもってことだから。

ま、くどいタラレバ話はどうでもいいけどさ。

 

わたしってある意味「遊び人」ポジションで、ようは趣味に生きる人間でした。

それで散々叱られてきたし、ダメ人間の烙印をおされてきたのだけど、ただでさえ生きるのがしんどいのに、現実なんか見たくなかったんですよね。

だけど結局最後は自分の身は自分で助けるほかないのか、とやっと気づいて、真面目に社会人として生きねばと腰を上げた。

それが25,6歳頃だったのかな。遅いよ。(笑)

(いや、読んでる人に20代いたら言うけど、頑張れば遅くないよ)

 

だけど、その後もやりたいことはガマンしてこなかったと思う。

意地と執念でやってきた。だってやらずにはいられなかったから。

 

しかし2013年くらいにエンジニアになってから、

スキルも実績も何もないペーペーのわたしが休みの日に遊んでいることがすごくまずいよなって感じがして、休日の勉強会に出たり、IT記事読んだりしていて……

ディズニーリゾートにもMac持参で、お城の前でプログラム組んだりしてた。(笑)

決して苦しいだけじゃなく、そういう状況をネタにもしていたけど、やっぱりもっと休みくらいはドカンと遊びたかったよね。

結局身体壊しちゃったし。あれは肉体疲労ではなく精神的疲労。

 

誤解招くとまずいので言っておくけど、

平日の仕事で追いつかないスキルを、休日返上で学ぶって、本来まあ当然ちゃ当然なんですけどね。

プロとしてお金いたいているわけだからさ。

 

 

話を戻しますが、ようやくこの年齢で何も社会的立場のない自分、というのに焦りまくって、好きなことを優先するのをやめたり、趣味の時間を削るようにしたんだけど……

それが4年続いたという感じなのかな。

結果、今、けっこう、苦しい!

 

だってさ〜遊び人に真面目になれっていっても本来無理なんじゃないか。(笑)

っていうのは時代劇見ていて思うわけだけど(笑)、

真面目な話、遊び人はその遊びスキルで身を立てるのが一番なんだろうなあと思うわけです。

芸は身を助けるとか、好きこそものの上手なれ、とか真実なんじゃないかと。

あとは本当に、元々もっている才能を活かすとか。

簡単に言っちゃってますけど、でもやはり真理な気がする。

 

じゃあなんでそれがやりにくいかといえば……

やっぱり、日本の教育? 風習?

 

日本の教育って、個性大事にって口先だけでは言うけれど、いざとなれば集団行動だから協調性第一を求められる。

個性いいね! って褒められるんだけど、いざとなると手のひらを返すように、冷たい目で見られるのよ。

それがどれだけ「自分に社会的価値はない」と感じさせられるか。

個性が苦しいだけのものになっていくか。

なんでも教育のせいにするつもりはないが、それでも9割くらいは(笑)教育だろと思っている。

 

わたしは小学2年のとき、かけ算の九九がとにかく覚えられなくて、すごい焦ったのですね。

ていうか算数全般。今思い出してもいや〜な気分になるくらいには、引きずっている。

だから数字大嫌い。(ITのくせに)

あの「横並びであれ」感。

みんなと同じタイミングで、同じにならないといけないという強要感。

 

今大人になって思えばさ、やっぱ変。

一緒に働く人を見ていても、得意不得意があって、なんでこの人はこれだけはできないんだろう? ということがあるじゃないですか。

そしてそれが、ある程度許容されていると思いませんか。

 

最低限その仕事において、これができればいいという規準をクリアすれば、苦手なことを追求されまくるということはあんまりない。

だけど学校教育だとそうはいかないというか。

成績とかで裁かれちゃう。できるまで呼び出し食らったり。(笑)

 

子どもの頃に他と比較して、「あなたはできない子」と思わされるのは、その後の人生をあまりに変えてしまうと思うのです。

大人になってもずっと、自分は社会的に遅れている奴、と思いつづけることになりかねない。

わたしは完全にそうなっちゃって、今でも一緒に仕事する人に「自己評価低すぎw」って言われる。(笑)

それですごい損してるんだなというのもなんとなくわかってきた。

 

もちろん社会も実力主義で差は出てきちゃうから、劣等感というものは永遠に解決しない問題かもしれないけど。

 

それにしたって、

オムツとるタイミングから、歩いてしゃべり出すタイミングから、平均値化されて……

なんだかな〜ですよ。

そりゃ「人との差 = 個性 = 悪」になりがちだよね。

(おかげさまで発達障害なんてことばが跳梁跋扈しているよ。さらにはできないことをなんでも正当化して頑張る力まで奪うっていう最悪パターン)

 

これじゃあ、好きなことで食っていこうなんて夢を抱くのは、結構難しいんじゃないか。

 

わたしは本当にちいさいころから、夢のない子でした。

絵を描くのが一番好きだったんだけど、漫画家とか絶対にしんどいし、ヒットするとも限らないし、食っていける確率低すぎるし……とか思っちゃって、漫画家になりたいとか思わなかった。

大人に囲まれて育ったませガキって、や〜ね!

だけど絵を描くこと自体は、やめられなかったんですよね。好きだったから。

 

その結果、

高校生のときにはすでに絵を描くためにPhotoshopを素人ながらに動かせるようになっていて、

コスプレ写真で加工も覚えて、

それを掲載するためにWebサイトを作るようになって……

 

今!

どういうわけか、PhotohopやWebサイト制作でお金をいただいているっていう、ね!

 

わたしにとって一番好きなことでは別にないんですが、好きなことをするために必要だったスキルが、人の役に立っているっていう。

これぞ芸は身を助ける、というやつなんじゃないでしょうか!

 

こないだ、一年ぶりくらいに絵を描いたんですよ。ガマンできなくて。(笑)

この魅惑の線を、パーフェクトな線をなぞりたくてなぞりたくて、この手で感じたくてですね。(笑)

こんなの描くくらいでめっちゃ時間かかった。何度もダメにした。

まーヘタすぎて苦しくて、だけどこんなに無心になれるってないな! ってくらいで。

めっちゃ辛くて楽しいなって思いました。

ああこういう時間、なかったな〜って。

だけどやっぱ罪悪感があって。

もっと描きたいけど時間がないし、これやっちゃうと他のこと遅れちゃうしって。

 

でも、なんだよそんな人生。クソか! とも思った。

わたしの子どもの頃の人生、全否定かよって。

(下品でごめん☆)

 

それで最近、たしかにすごい時間使っちゃったんだけど、あとで巻き取ればいいんじゃないかって思ったんですよね。

いつ死ぬかわからなんのだから、あとで巻き取るなんてそんな悠長なこと言ってられないけど、でもこの絵を描かないまま死ぬのもイヤだしさって。(笑)

 

だってもう心が張り裂けそうになったんですよ!

もうほんっとうにこれやりたいって心が叫んでいるのに、やっちゃだめって! もうほんと何を戦ってるんだわたしは!(笑)中毒者の葛藤か!!

そのときはあとで巻き取るってぜんぜん考えられなかったんですよ。散々後回しにしてツケ食らっている自分としては、もうそういうことやっちゃだめって思っているから。

でもそうしたらほんと、なんか爆発しそうになって! 苦しいもう死にたい! みたいな。(笑)

大げさだけど、こんな苦しい人生、今後も耐えて生きるのか! だったら死にたい! ってなった。(笑)

で、これって正しい生き方なのか? わからん! って混乱しました。(笑)

 

でも全部自己責任なら、あとで頑張って巻き取ればいいんじゃ……?

って、最近真面目にそんなことを思ったわけです。

たまの休みくらい、っていうか休みなんかほぼゼロなのに、たまには好きなことやらせろよって逆切れして、で、描いた。(笑)後悔はしていない!

ひさしぶりに、うっとりな時間を過ごして、ああこういうのずっとなかったよな……と思ったんですよね。

おいどん、ちょっと生きた心地がしたばい!

 

要するにバランスというやつですか。

最も苦手なんですけど、バランス。メリハリ。

あれだめ、これだめ、こうすべき、こうせねばならない、

ばっかりだと本当に苦しくなる。

ときにストイックであることは大事なので、やるときゃやるをやってない人にはそれを言う資格はないとは思うけど。

(だって結果出してない人に言われもねえ)

 

バランスといっても、綺麗に均等にバランスを取ることが、すべてではないのかもしれません。

調整を重ねながらバランスとるでもOKなんでしょうね。(あたりまえ?)

堅物のわたしはそれが思いつかなかった。

またそういうやり方で欲しいものを手に入れてきたこともあるので、間違っていないとも思っていたし。

そのやり方をやらなきゃならんときだってあると思います。

 

 

でね、最近、最重要事項に気づいたんです。

自分の人生を振り返ると……

好きなことをガマンして、別の方向に行って成功したこと、いちどもないんですよ。

ていうか、これまでの失敗パターン、それ!!!!!

 

回り道でいい経験させてはもらっているので、失敗と言うのはいけませんが……

それにしたって、やっぱり回り道。こじらせ系。

10代、20代の回り道と違って、これからはもう時間との勝負感が出てきますから、そういう暇はない。

 

結局、今好きなことの副産物でお給料をいただいているなら、

とっととその道に行きゃ、よかったんだよ。と思う。(笑)

あーだこーだ挫折するのが怖くて好きな道を選ばなかったけど、結局巡り巡って副産物で生きている。

好きに素直で、自分を信じてやることさえしてやれば、わたしはもっと早くにスムーズに、いろいろ結果を出せたんじゃないかと思うのです。

 

だから世のお母さん、お父さん、

子どもの好きなことを否定しないで、心から応援してやってほしいとわたしは思います。

否定しないことも大事だけど、もっとやれ大いにやれ! と応援ポジションだとなおヨシ! かな?

子どもって世界中から否定されても、親から応援されれば何も怖くないと思うんです。

スポーツ選手や芸術関係の著名人見ていても、そう思う。

 

ただし、それで大成功させようなんていう下心を出さないように。

プレッシャーになるからよしてよね。

やる気なくなる子もいると思うから、芽を摘まないでほしい。

 

まあこれが元こどもの本音、ですかね。

自分たちがそういう教育を受けていないから、そう考えることがどれだけ難しいかは、よくわかるんですけども。

 

今日は雨ですが、これで桜が散っちゃうって聞きました。

昔は家族で河津桜を見にいったりしていたのに、今年なんか一度も間近で桜を見てないなあ。いかんなあ。

これはちいさいプランターに咲いた、我が家の桃! 夜ってのがまたいいですよね。

 

いやあ、ちょっと最近、疲れました。

この半年くらいいろいろ奔走してきて、そのどれもが去年までとは一切同じことをしていないので、正直ちょっと休みたい! が本音です。

昔の自分から考えても、よく身体壊さないなあと我ながら思うんですが、久しぶりに昨日お腹壊しまして(笑)、おおこれは限界のメッセージだぞと感じて、今日は爆睡してのんびりしております。

……で、だからブログ書いちゃうっていうのが、なんだかなあ。阿藤快、ですよ。

 

でもね、もうすこし、魂が呼ばれている……! おお!!! ってなる方向に、

身を委ねて突っ走って、そういう本来の自分に、ヨシ! と言ってやろうかなと思いました。

自分が引き裂かれるような感じで生きているのって、いくない!

心と身体が反対方向に走るって、やばい。

さてこれが一体何に繋がるだろうか? と、そういうワクワクを持ちながら、フルパワーでやるといいのかも。

好きも突き抜けると、何が起こるかわかんないすからね!

ね!

大好きとか、そういう想いが根底にある縁って、きっと繋がるんですよ〜。

さっそく、「近いなおい!!」って思うことがこないだもあった。これからが楽しみですよ! へへへ!

手帳術講座受講生のみなさまには、またまたわたしが証明よ! を見せなければならんからね!

 

 

——さてのんびりといっても、わたしはそろそろ顔面構築をしないとなりません。

今日は出版パーティに出席させていただくことになりました。これはわたしにとってはお休みの部類!

すごく楽しみ!

パパパパパーリ〜は久しぶりすぎて、何を着ていけば悩むところから大変。

体調に気をつけながら、めいっぱい新しい世界を楽しんでこようと思います!

 

ブログにも書きたいことがたくさんたまっているので、徐々に書いていけるといいな!

FBには、日々解き放たれたわたしな感じの、アホきわまりない投稿をしているんですけどね。(笑)

 

アホはアホのまま、いこうと思った2017の春!

天秤座の満月!(あたし天秤座なの)

 

うわ、父の部屋から「はぐれ刑事」のテーマ聞こえてきた……再放送か……!

我が家は隙あらば、藤田まことを観ているな……!(爆)←「必殺」しか観てない毎日

っていうか藤田まこと氏主演ドラマって、すんごい名曲テーマ曲なのね!? いまさら気づいた!

 

ほんじゃまた!

 

 

 

LINE@やってます

手帳術・メンタル・健康&美容のことなど、何かききたいことがあれば、まずはこちらでお尋ねくださいませ!


友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です