【ライフハック】「やってみます」の一言が人生を変える! 未経験にはマサキイズムで体当たりで行け!

今日はクライアントさんより、嬉しい報告が来ましたよ〜

「香織さんに教えてもらったこれをやって、こうしたいってわかったからこう決めて、その感覚が気持ち良すぎて、伝えたい気持ちが溢れてLINEしちゃいましたー!」って!(笑)

いや〜〜〜うれしいなあ。

ぜひその大好きな気持ちと、その能力を活かしてほしい!

Yさん、また報告、楽しみに待ってますから〜〜〜!!

「やってみます!」でぜひ、実践・実行しちゃってね!!

 

さてFBFのみなさんは十分におわかりいただいているかと思いますが、最近は京本政樹氏のことしか考えていません。

あと村上弘明氏もだけど。(笑)ていうか、「必殺」かよ。

いや政が。政が。悔しいほどにイケメンすぎて。(村上さん演ずる花屋の政、鍛冶屋の政ね)

30年経って何を騒いでいるんだろうわたしは。あ、いつものことか。

もう政と竜がいればそれでいい。うそです加代も主水もみんな好き。でもオカマな田中様がいっちばん好き! (!)で、結局竜が出てきたら竜のことばっかり考えてるから、気づいたら話が進んでいて展開理解していないという毎日。

あ、念のため野暮ですが、竜って京本政樹氏のブレイク役の組紐屋の竜のことです。

 

とはいえ、仕事はしていますよ。当たり前とか言わないで。24時間マサキタイムにできないことが苦痛でならんのですが、マサキタイムを充実させるためにもお仕事って必要ですもんね……。諦念。そういう感じ。

 

わたしはこれを「マサキイズム」と名付けた

しかしですね、とにかくものすごい影響があって、めちゃくちゃいいんです。いいんですよ。

これが私生活だけではなくて、本当に仕事に対する姿勢にも影響しています。

え、京さまどんだけ生活にハリと潤いをくださるのよ! っていう!

 

彼からの影響をあげていくとキリがないんですが、まず仕事面で即結果に繋がっちゃったよ! というのをご紹介するとですね、

それはもう、ずばり、未知の領域に対して、「できません」と言わないこと!

わたしはこれを、マサキイズムと名付けました。

そしてわたしは、これをマサキ氏からさっそく「まねび」ました。(まねぶ、もマサキ用語)

 

「マサキイズム」でチャンスを掴め!

先日ライティングの案件で、未経験ジャンルのお仕事のご依頼をいただいたのですね。

大元のジャンルは得意分野でしたのでお願いいたしますと返事をしたのですが、中身を開けてみると、「え、そっち!?」という内容。

……ちっともわからない。

やばいまじか、これ100年くらいの歴史が頭に入ってないと書けなくないか!? と焦って、一瞬お断りのセリフが頭に過ぎりました。

 

でもそこで同時に「マサキイズム」を思い出したわたしは、

「勉強しながら頑張らせていただきたいです!」と返事をしました。

 

そこからは焦りつつも、短い〆切までの間にあれこれ考え、調査をし、自分にできることをすべて試して、まさに体当たりで記事を作成しました。

そして頑張った結果、無事に納品もできて、わたしにとって新しいジャンルでの実績が、ひとつできあがったのです。

 

この経験と実績というのはやはり強いです。

未経験の人より経験者を選ぶのはやはり世の常ですから、ひとつでも実績があるのは本当に嬉しいことです。

 

「誰でもはじめは未経験」っていうじゃないですか。あれの意味がようやくわかりました。

いや単純に、ほんとうに、誰でも未経験なんですよね。当たり前なんだけど。(笑)

でもどうもみんな、あの人たちはわたしとは別って思うじゃないですか。でもほんっとうに、みんな未経験スタートに決まっている。誰でも元々赤ちゃんだし!

 

わたしはこの件で、0から1にするのって大変だけど、

だけどこうしてチャンスって掴んでいくのねっていうのを実感することができました。

 

宣言してから「やるしかねえ」で、実現させろ!

このマサキイズム……まず「やります!」と言ってみる主義、

京さまに限らず、できる方々っていうのは、これ、もしかすると当然かもしれません。

だけどね〜やっぱりなかなか勇気いります。

とくに失敗を恐れるわたしのような小心者は。

趣味に関しては猪突猛進ですが、仕事とかに絡んでくると石橋叩きまくるので、チャンスを逃しやすい(汗)。

でもそれじゃいかんなとここ数年チャレンジしてきたわけですが、それでもやっぱりものによってはお断りすることもあり。

 

当然無責任なことはできませんから、ものによってはお断りすることも正しいと思います。

いくぢなし(笑)と、責任感ゆえの辞退はちょっと違う。

できないことをできるとウソをつくのはまずい。

 

でもほんとうは、それ、

宣言ののちに実現させちゃえばよいんですよね!

 

問題なのは、言ったけどやらないとき!

だから言っちゃったからには、「やるしかねえ」(By 竜)です。 ← これが言えて満足

 

それが自分を追い込んで、チャンスを掴んでいく。

 

これって楽観的っていうのかな、自分のなかにそういうのがないと絶対に思いつけないことだと思います。

でもこの行為自体は、誰にでもできることっていうのは間違いない。行為だけで考えればね!

 

余談ですが、わたし基本、楽観的なものがないタイプですんで、ちょっと前までありえなかったかも。

でも本来、好きなものに関しては、超楽観的。

好きだからなりふり構わず突っ込む! って、それは楽観的の最たるものじゃないか??

 

だけど社会的なこと、仕事とかに絡んでくると途端に悲観的になる……

これはある意味、成長の段階であとから加えられた要素なのだろうと最近思うのです。

つまり本来の自分じゃない可能性。

 

でも自分と向き合うことを続けてきて、

そんなふうに二分化された自分を統合していくとですね、仕事の領域にも本来の自分を持ち込めるようになってきたのです。これはよい傾向。

(だからどん詰まりの人はカウンセリングとか、いいよ〜)

 

わたし根暗のオタクですけど、本来は陰陽だと、「ド陽」だって、言われるんですね。太陽と月なら太陽ってこと。言っててこっぱずかしいや。男と女なら、男。

「え〜男子かよ〜(汗)」って感じなんですけど、でも日々のなかで、ほんっと男子的だよなと自分でも思うからしゃーない。ていうか少年。実際は女々しいんだけどね。男子の方が女々しいってよく言うじゃないですか。そういうところも含めて男子的なのかもしれない。(笑)

 

まあどうでもいい。本題に戻ります。

 

以下、京本政樹氏の著書『苦悩』より引用させていただきます。

乗馬に限らず、大体、僕は「未経験のことに体当たりでぶつかっていく」という癖がある。

未知の高い目標を掲げて、それを実現すると公言し、無理やり、実現しようとする……そんな「有限実行」癖があるのだ。

(中略)

ライセンスも持っていないのにバイクレースに出てしまったこともある。スキューバダイビングの免許を4日ほどで急いで取得し、その翌日に番組で水中レポーターを務めたこともある。

とにかく、僕は「できます!」と答えて無理やり実行してしまいがちである。

もちろん、「有限実行」を実現させるために、一度、宣言したら命がけで努力する。

今までに身につけてきた仕事上の技術や趣味の腕はすべて、そういう強引な方法で会得してきたのである。

 

賛否両論はあるだろうが、僕自身はこの「体当たり主義」は間違いではなかったと思っている。

何にでも尻込みせずに強きで挑戦してきたおかげで、今では実に様々な分野に「自分ができること」が広がっているからだ。

もし、それらの「できること」に周到な準備と長いトレーニング期間を経て挑戦しようとしたならば、もっと実現に時間がかかっていたことだろう。

今ほどたくさん「できること」が増えていなかったに違いない。

 

THE マサキイズム!

ああ眩しい……!

 

で、やっぱり「好きこそももの上手なれ」だ

先日、好きこそものの上手なれだよねって記事を書きましたが、

まったく興味を持てないことはやっぱり、効率も悪すぎるのでお断りしたほうがいいのかもしれません。

勉強になるから、ということももちろんあるし、あとはチャレンジ精神と、自分の人生の時間との間で考える必要があるかと思います。

 

でも基本的に好きなものや興味のあることであれば、GOしていいんじゃないか?

なんとかなってしまうものかもしれない。

お尻に火が点くっていうか、〆切がきまったら馬鹿力が出たりするじゃないですか。

 

京さまもこう締めくくっていらっしゃいます。

そして、これは一番大切なことだが、僕は体当たりで何かをモノにすることに無上の喜びを感じている。

楽しくて楽しくて仕方がないのだ。

 

やっぱり、結局楽しいっていうことが強いんですね。

この「楽しい楽しい!」というエネルギーが自分を突き動かしていく。

わたしも本当にそうです。(←一緒という主張が鬱陶しい!! さーせん♡)

 

もちろん好きなことでも達成するまでの道のりは苦しいんだけど、成長する自分が楽しい。

山登りみたいな感じ? わたしは山登り苦手ですけど。(笑)

 

まずは朗らかな人のところでエネルギーをもらえ!

もしこれを読んでいる人のなかで

「自分みたいな「ド陰」はどうすりゃいいの、そんなエネルギーないわ……」と、どよーんとしている人がいたら、

まずこういうパワーのある人のエネルギーを貰うことなんじゃないかな。

そばに行く。こういう人の本を読む。

これはポジティヴシンキングブームみたいなのとは違いますよ。無理に笑おうと言っているのではありません。

それで苦しくなっちゃ意味がない。

 

あ、でも「作っている感」の人はダメだと思いますよ。今、起業家ブーム観ていて思いますが、多いですからね、見せかけだけのポジティヴ……。

見分けるポイントは、なにもかもに有限実行しているひと、言動一致しているひと、なのかもしれません。

完璧な人っていう意味じゃないです。にんげんだもの。ダメなところもあって当然です。

 

でも本当に明るい人はやはり表裏がない

そして物静かだとしても、本当に心根が明るい

 

本当に、からっとした太陽みたいなエネルギーを持っている人に近づくと、容赦なく自分も元気になれたりするものです。

暗い人のそばにばかりいれば、そりゃ暗くなる。

エネルギーない人ばっかりで集まりゃ、そりゃ澱みます。(笑)

ごくたまにはいいと思うけどね!(笑)深く沈んでみるのも。

 

とにかくエネルギッシュで突き進んでいく人の傍にいって、

どういう思考を持っているのか、どういうふうに動いているのかを観察して、すこしでも自分に取り入れてみる。

そうすると、0が1になる可能性がグンと広がるんじゃないでしょうか!

 

最近は、本当の意味で朗らかな人に会うことが多くて、めちゃ心が洗われます。

元気になるし、笑顔が増える!

そしてがんばろう! っていう気になれます。

 

わたしもまだまだチャレンジしないといけないことが日々多いです。永遠に終わりませんね。

成長を楽しみながら0を1にしていきたいと思います!

ETERNAL CHALLENGE! DREAM MACTH NEVER ENDS!

 

というわけで、一部見出しがなんか格闘ゲームの特集記事みたいになったな。

おかげで結論にキングオブファイターズ98とストリートファイターのコピーが出てきちゃったよ。びっくりだよ。

いいね!

ていうか格ゲーってすごいエネルギッシュなんだね。今さらか。

 

 

 

今回ご紹介した、袋とじおヌード(!)が嬉しすぎる『苦悩』はこちら。

神か。

一生ついてく。

 

でもわたしまだ袋とじ開けてないの。これ一生涯じりじりして楽しんでもいいんじゃないかって思うよ。

秘すれば花!!!!!! これぞ日本人。

 

 

LINE@やってます

手帳術・メンタル・健康&美容のことなど、何かききたいことがあれば、まずはこちらでお尋ねくださいませ!


友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です