【ライフハック】運が強い人の特徴(その2):声と食欲

日本橋のうなぎ〜!

わたしはもう、うなぎといったら「必殺V:激闘編」の政竜なんだよ〜あ〜は〜ん。

 

はい、前回の記事、

「運が強い人の特徴(その1):縁起を担ぐ」に引き続いて、その2です。

 

小説家の林真理子さんの著書、『野心のすすめ』という名著があります。

これはもう名著すぎて名著すぎて、

わたしは元気になりたいときや、不安になったとき、

すぐに手に取れるように近くの書棚においています。

 

もうね、それはそれは草食系男子がガツンと頭を叩かれるような、

「わたしはこれが欲しいの!!」という想いにあふれた、素直で直球な本。

みじめさも、かしこさも、とにかくさらけ出されていて気持ちがいい。

 

ねんのため、林真理子さんといえば、

直木賞、柴田錬三郎賞、吉川英治賞を受賞するなど

名の知れた大作家先生ですが、

しかしやっぱりそんな作家先生にも苦しい時代が。

 

散々だった少女時代、コピーライター時代。

バブルのTV出演時代、大バッシングスタート時代。

直木賞から柴田錬三郎賞までの「失われた10年」。

 

そんな苦しい時期を、どのようにして這い上がっていくのか。

読んでいると、なんだかすごく元気になるし、興奮するんですよね。

 

 

それで、この本の最後の方に

「野心の日常的な心得とは」という見出しがあります。

 

1.時間は二倍に使う

2.まずはぐっすり眠ってから考える

3.運の強い、楽しい友人たちと付き合う

 

この3つが詳細とともに書かれていて、

わたしはジブン手帳にメモしています。

 

で、今回はこの3番目をご紹介したいと思います。

 

運とは、友人に引きずられるものだと思います。

運が強い友人って、明るいし、よく食べて、声も大きい。

そして自分の仕事に誇りを持っている。

(中略)

ふだん空気中のどこにでもふわふわと浮遊していて

酸素のように飛び交っている〝強運の素〟は、

潑剌として明るいオーラを出している人にだけ止まるものだとも思っているんです。

 

これは前にも、マサキイズムを紹介した記事でも書いたこと!

(未読の方は、ぜひぜひ読んでください!)

 

もちろん上のは一部引用なので、

できれば手に取っていただいて、全文読んでいただきたいんですけど、

わたしはこれを読んだときに、「あーやっぱり!」って納得しました。

 

そして、自分がこういうモードになっているときに、

ポンポンポン! と幸運が舞い込んでくることも、いまはわかりました。

 

先日、京本政樹さんにお会いするために富山まで弾丸で向かったわけですが、

京本さんに会えたあと、それはそれは、何の波が来たんだ? と思うほど、

街で会う人会う人に、やったらめったら良くしていただいたんですよね。

 

別の場所で、2度も、

「次、来たときはうちに泊まれ!」って言われたり(笑)、

でっかい漁港のセンターでは、

魚屋のおじさんがやたら席に遊びにきては話しかけて優しくしてくれたり。

バンドエイドをわざわざ探してくれるソフトクリーム屋さんのお兄さんも優しかった。(笑)

 

その他たっくさん、富山の方にはほんとうに優しくしてもらった!

たった半日の滞在だったのに!

 

それでこのとき、

あー自分がめっちゃくちゃハッピーオーラを出しまくってるから、

みんながすごい楽しく接したくなるのね……って確信を持ったのでした。

 

わたしって、めっちゃ声でかくて、よく食べるんですよ。

明るいときは底抜けに明るいし。

これ一種の悩みの種でもあるんですけどね。(笑)怒られるから。(笑)

 

だけどやっぱり何か嫌なことがあったりすると、ほんとうに真逆になる。

いや食べるときは食べるけどさ……。

まあ、すると本当にうまくいかなくなっちゃうんですよね。

 

だから最近は、とにかく回復を早めるために

思考の転換を心がけてみたり、

あえて逆にどっぷり浸ることを自分に許したり。

 

文句や悪いことばっかり口をついてでまくったあとに、

「いや、ちがう、上手くいく、大丈夫」

って言い直すようにしたり。

あの手この手で、いろいろと運気が回復するように、がんばるようになりました。

 

そりゃ10〜20代までは、まあ〜ふてくされたら、ふてくされきってたからね。

一週間はね。(笑)

その荒れ方、ここにゃあ、書けないレベルですよ!

 

あとお金持ちの人って、ステレオタイプかもですが、

結構恰幅が良くって、がはは! って感じの人いませんか。

それで美味しいもの大好き! 豪快! みたいな。

マンガでもドラマでも現実でも!

ステレオタイプになるくらいだから、やっぱり昔からの「あるある」なんだろうと思うんですよ。

 

 

——というわけでね、強運になりたいなら、

自分自身がそんな人であれるように、

また、そういう人のところにいられるような、自分でいられるようになりたいですね!

(ずっとじめじめ昏くて依存系の人は、相手にされないから!)

 

なにも上に引用したところだけじゃなくて、

この本に書かれていること全部がすごいから、とにかく読んでほしい。

 

「わたしは絶対に欲しいものを手にするの!!」という

そういうバイタリティが強運のすべてだと思っていますから、

かならずや、すべてを通して大きなヒントになるはずです!

 

林真理子先生から、強運の思考を盗むべし!

わたしもまだまだ! どんどん成長するぞ〜!

 

 

 

6/5の手帳術講座では、強運体質になるための手帳術もお伝えしています。

ご興味があるかたはぜひ!

 

では!

 

 

6/5「夢を実現する手帳術&理想の仕事を叶える仕事術」講座、開催!

第3回「夢を実現する手帳術&理想の仕事を叶える仕事術」講座、開催!

大好評だった1回目、2回目から、はや4か月!
さらにパワーアップして、手帳術×仕事術講座が開催されます!

ぜひこの機会に、思い通りの人生と夢を加速させるために、いらしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です