2017年もジブン手帳だ! 来年はガイドブックにインタビューで載ってやるじょ!

どうも! ビジュアル分析学のWeb担当、そしてグラフィックデザインも請け負いはじめた香織です!

診断士活動もしているし、さらには新しく作る名刺にはビューティーアドバイザーの肩書きも入れました。

いまはこっちの仕事関係では発表していませんが、小説で創作活動もしています。

(絵も描いていたけど、いまはだいぶご無沙汰……)

コスプレイヤーとしての活動もほぼないですけど、魂はまだまだ健在!

今年は横浜コレクションのショーに出たりもしたから、忙しかった!

 

というわけで、ざっと何役だ? 6、7役くらいの顔を持つわたし。

スケジュール管理というか、そもそもTODO管理が本当に難しい。

すぐにやりたいこと、やるべきことを忘れていっちゃいます。

 

そんなあたくし、2006年ごろかな、「手帳術」というものに出会い、長いこととある手帳を使ってきました。

時間の使い方、感情の整理、夢への道を歩む時間の作り方などなど、その手帳と作者の方の本で、だいぶ考えが変わり、行動も変わりました。マインドだって変わったと思います。

その手帳は大好きだし、いまでも使いたいくらいなんですけど、「もっと具体的に管理したい!」と思ったのが、去年の2015年。

プラス、書きたいことが山ほどあるのと、どこに何を書くか試行錯誤だったので、何か「カチっとできるもの」はないかなと思って、ついに新しい手帳を探してみることになりました。

 

佐久間英彰さん作「ジブン手帳」に至るまでの長すぎる経緯(笑)

で、2015年の年末に新しい別の手帳を使い始めました。

そのときって、とにかく変わりたい、仕事をどうにかしたい、どうにかして前向きになりたい、このモヤモヤした世界から抜け出したい! って必死だったんですね。

 

当時エンジニアでしたが、わたしがいるべき世界って、ここじゃないんじゃないかとか。

いたとしたって、もっと技術上げなきゃとか。

そっちの勉強も大変だけど、夢に向けての行動もしたい、でも疲れて時間もないし頑張るけど思うように進まない。

だから、ウィークリーの日々のコメント欄には、反省反省反省、自分を責めることばっかり。

手帳と向き合う時間は、一日の反省タイムだったわけです。

 

これってまるで良いことのように感じるひともいるかもしれませんが、すごく非建設的でした。

自分のダメなところばっかり羅列するので、どんどん苦しくなっていく!

結果を出せない自分がどんどんイヤになっていく!

 

で、まだ1月なのに、夢も希望もそして自己嫌悪もぱっつんぱっつんに詰まった手帳……

2016年1月5日に、鞄ごと電車で盗まれました!

 

手帳も財布も宝物も夢も希望も、ぜんぶ鞄ごと盗まれた!

はい、これ、わたしの最大の人生の転機でした。

鞄そのものについての詳細は長くなるので省きますが、とにかくその鞄そののもの、中身も、そのときのわたしにとって最も大切なものが詰まっていた。

わたしにとって、とにかく「命より大事」と思っていたものだったんです。

それを生きるよすがにして、自分を保っていたとか、自己価値を保っていたとか、とにかくまあ、大げさに聞こえるかもしれませんが、冗談抜きでそうでした。

 

でね、中の手帳には、御守りと、そしてそれこそ、「命より大事!」って思っていたものが入っていた。

死ぬほど大好きなバンドマンの方から貰った、ピックと、サインです。

はいバカ! と思いますか! いいよ思われても! でもしょうがないじゃん事実だもん!!!(涙)

 

それで、わたし完全崩壊しました。詳細省きますけど、本当に崩壊した!

で、このままじゃわたし、また大変な病気になるなって直感したんですね。これ、メンタルから引き起こすなと。

そこで、ふと頭に出てきたのが、今のわたしの師匠、猪狩ゆみさん、という名前だった。

超不思議ですね。

前に本で名前を知ってはいたんですが、なぜかふと思いだした。

それですぐに職場の階段の踊り場で、泣きながら、鬱々とした声で緊急電話に連絡をして、急遽健康相談(カウンセリング)をしていただくことになりました。

 

そしてFacebookでもちょっと書いたんですね。鞄がなくなったことを。

だって予定とかわかんなくなるから、約束してるひととかにも言わないとならない。

なによりここまでメンタル崩壊している状態では、連絡さえもままならないから、ごめんなさいと。(笑)

 

そうしたら、FBでお知り合いの方から連絡が来まして、

「ダウジングをやられている占い師の方がいるので、相談してみませんか?」と。

 

わたくしそういう方面はまったく抵抗ありませんので、お願いすることになりました。

そうしたら、「鞄は、だいたいこのあたりで男の人が持っていって、駅の外に捨てた」という結果が。

で、「手帳のなかにすごく大事なものが入ってませんでしたか?」と。

 

そして、

「その手帳の中身と、あなたが離れてしまったことによって、盗難が起きてしまった」

というようなことを、言われたわけです。

 

ぞくぞく~~~っとしましたよ。それで、また大号泣。(笑)

アホすぎるんですけど、鞄がめちゃくちゃ重かったのと、満員でガツガツぶつかるのがいやだったので、電車の網棚に置いてしまっていたんです。それでもうひとつの鞄を肩にかけていたから、ぜんぶ持った気になって電車を降りてしまったんですね。

降りたその瞬間に気づいたけど、振り返ったらもうドアが閉まっていたという状態。

その後即盗まれたようでした。

 

わたしは仕事中でも家でも、どこでも肌身離さず手帳を持っていました。

手帳そのものも大事だし、中の宝物もほんとうに大事で愛しいし。

たしかに、滅多に離れたことがなかったんですよね。

 

だから、その占い師の方からのメッセージ、

自分がどれほどその手帳の中身を大事にしていたか、

つまりいかに依存・執着していたか、

そしてその手帳にどれだけの強い想いで、夢も希望も反省ももどかしさも綴っていたか!!

わかっちゃいたけど、あらためて言い当てられ、思い知らされました(涙)。

 

それでまあ、また毎日わんわん泣いてたわけですけど(笑)、

いろいろあって、とりあえず困るから新しい手帳を買うことになったんです。

ホントは、そこで新しいものを買ってしまえば、昔の手帳や鞄は帰ってこなくなるんじゃないかってすごく葛藤したんですが、仕事的にも使いたかったので、やっぱり買うことになりました。

そして心機一転、短い間だったけど、また新しい人生にしようと思って、別の手帳を探すことにしました。

 

そこで!

手帳をネットでリサーチしていたところ、出会ったのが、

「ジブン手帳」だったのであります!

(やっとだよ!)

 

新しい人生をはじめるためのパートナーを決めた!

この事件は、「自分の人生の区切りになる」って、絶望のどん底で、なんとなく感じました。

運命がそうしたのかもしれないけれど、むしろ、精一杯頑張りまくっているけれどうまくいかない苦しい現状を打破するために、自ら起こした事件なんじゃないか、とも思いました。

だから、とにかくこれまでの自分を断ちきって、そして本当に新しい人生をはじめるんだ!

って、決意しました。

 

それで、師匠猪狩ゆみ先生と初対面、カウンセリング

もう顔見るなり、いきなり、だーーーーっと号泣(笑)。

そこで「あなたビジュアル分析学、やりなさい!」って言われて、

その後4月、診断士養成講座を受講することになり、

10月現在、わたしはエンジニアをやめ、ビジュアル分析学協会の本部長&Web担当になっているという、この、ね。

なんていうか、ほんとうにやっぱり、人生の切り替わりだったんですね。

 

で、そのとき、もう何が正しいのか、何をすればいいのかわからなくなったわたしは、新しい手帳を買っていいのかさえ自分で決められなかった。

自分の行動、選択、決定ひとつひとつが、ものすごく重大な気がして、怖くなっちゃったんですね。

完全にメンタル崩壊です。(笑)

で、ゆみさんに新しく手帳を買ってもいいのかと訊いたら、「買ってよし!」って言われたから、「よし買う!」って、決めました。(笑)

これを機に、わたしは新しい人生にするんだと決意しながら!

 

手帳って、自分の人生を綴るものじゃないですか。

人生を管理し、未来を作るもの。

だからそれを一新するってことは、人生のパートナーを選ぶことと一緒!

わたしは、そのパートナーを、「ジブン手帳」に決めたというわけです!

 

でも、ジブン手帳、もう時期的にどこ探しても在庫がなかった。

だけどFacebook上で公式アカウントが取り扱いリストを作ってくれていて、なおかつファンによる在庫報告があがっていたおかげで、いろいろ問い合わせた結果!

なんとご近所、伊勢佐木町の有隣堂本店にあるということでダッシュで買いに行きました。

「DIARY」と「IDEA」しか手に入らなかったんですけど、すごくすごく嬉しかったし、ご縁を感じましたね!

 

そのあと愛用のペンさえすべてなくなったから、わざわざ東京ディズニーリゾートまで赴き、ペンを買い(笑)。(結局インクの都合上、別のを使っていますが)

でも「買った」って書いてますけども、

お財布もなくなり、キャッシュカードもクレジットカードもないから、お姉ちゃんがぜんぶ買ってくれました。(笑)

毎日泣いて鬱々として暮らしている妹があまりに不憫だったんですね、優しいお姉ちゃんですね。(笑)

 

そして、かつては洋裁のプロ、

母が家にあったドレス用の生地で、ざーーっとカバーを作ってくれました。

tecyou9

まったくいくつになっても末っ子っていうのは。(笑)

(↑ぜんっぜん本当はそんなこと思ってない。(笑)だって当然なんだも~ん(笑))

 

実は、以前これまたドレス用のダークな紫の生地で、かつての手帳のカバーを作ってもらっていたんですが、占い師の方が、

「もう紫はだめです。明るい色のカバーにしてくださいね」

とおっしゃっていたこともあり、一新したい気持ちもあったため、ゴージャスな生地にしてもらいました!

 

そして、こうも言われました。

「もう手帳には自分を責めることばかり書かないで、幸せなことを書くように」

……と!

 

それで、すっかり人生変わっちゃった感じです

ジブン手帳に切り替わってから、はや10か月目。

楽しく使っています!

 

先にも書きましたが、ジブン手帳であらためてこれからの人生を俯瞰して可視化した結果、

エンジニアの仕事を辞めて、カウンセラーの道、美容の道、創作の道と、

本来自分がやりたかったことや、自分にとってのしっくり来る仕事にも出逢いました。

 

反省も書くけれど、自分をいじめるようなことは書かないで、

次に生かせるような書き方や、感謝を書くように意識しています!

 

しかも、

2月3日、節分の日に、鞄と昔の手帳も、帰ってきました。

 

節分って、旧暦の新年ですよね。

もうほんとうにいろんな意味で、震えまくりました。

このへんは省略しますが、とにかくぐわーーーっと人生が変わりはじめる象徴っていうか、なんとなくそんなものを感じていただけると思います。

 

帰ってきた古い手帳はすこしして、感謝の気持ちをたっぷり込めて、さよならしました。

水で濡れてしまっていたこともあったけれど、とっておくこともできました。

だけどあえて、グッドバイであります。(太宰)

宝物も帰ってきました。財布以外は帰ってきました。

鞄は雪の日に放置されていたためへろへろでしたが、職人さんに修理してもらい、かなり綺麗になって帰ってきました。

まあほんとうに、いろんなことがありました。(しみじみ……)

このあたりの感慨は、また別の機会に語れたらと思います。

 

そんなわけで、「ジブン手帳」の使い心地は最高です

ジブン手帳は、作者の佐久間さんが研究してジブンのために作られたというだけあって、いろんなことが網羅されています。

これまで集めてきた手帳術をそのまま引き継ぐことはもちろんできるし、なにより、書きたかったことが、それぞれページとして用意されているから、楽ちんです。

以前愛用していた手帳にも、月を3つで区切ったものを年間で見渡せるページとか、夢を書き込むページや、目標を円グラフにしたものなどもありました。むしろその手帳で学んだ感じ。

 

ただわたし、本から引用したことばとか、自分に活を入れることばとか、ガンガン書き込む。

あと仕事とか創作活動とか、ガントチャート的なものも書き込んだり、読んだ本をメモしたりもする。

大事なメモとかも書くし……とにかくページが足りない! そして、どこに何を書くか、考えるの大変!(楽しいんだけど)

別のノートを一緒に持ち歩いたりもしていましたが、別々になるのでかさばる。忘れる。

だけどジブン手帳はそんな心配がありません。

 

以下サイトより引用。

・週間バーチカル型スケジュール (24時間軸/土日も同じサイズ/ToDo/天気/月齢/ 日の出・日の入り/食事記入/1日の感想)
・ブロック型月間スケジュール(六曜・24節気入り)
・月間プロジェクト(見開き2か月分)
・4年分カレンダー
・年齢早見表
・年間スケジュール
・2017年の夢
・お金の計画
・一週間の計画
・お気に入りの言葉

・おすすめリスト
・本リスト
・映画リスト
・貰い物リスト/贈り物リスト
・約束したことリスト
・鉄道路線図
(東京/大阪/京都/名古屋/札幌/仙台/横浜/神戸/福岡)
・時差世界地図
・今年の振り返り
・個人データ

 

ジブン手帳、こんなに中身が充実してるんですよ!(詳細はサイトを見てね!)

さらには、アイデアを書き込める方眼紙メモ帳「IDEA」に、

人生のすべてを記録できる一生手帳「LIFE」もセットである。(ばら売りもある!)

デジタルデータだけがここに入れられないだけじゃない? って感じです。

 

tecyou1

というわけで、2017年版も、即買いました!

今年は「LIFE」も一緒よ!

あと絶対に普段なら選ばないカラーを、あえて選んでみました! 黄色! うーん幸運来そう~! ヒューヒュー!

 

こんな感じで使ってます!

先に言っておきたい!

今のペンとの相性がですね、わたし、悪いんです。

だから、字がカクカクカク! ってなっちゃう! 

はい字の汚さ、ペンのせいにしました! でもほんとだも~ん!(笑) だも~ん!

だけどとりあえず、5色使いたいので、今はuniのSTYLE FITのSingno!

赤×黒のマイカラーなディズニーミッキーデザインの軸も持ってますけど、今はあえてピンクの水玉も「普段選ばないもの」だから使っています。

もっとぬるぬる書けると、嬉しいなあ。uniさんお願い!

いやあのどうにか大好きなJetstreamが、経過と共に裏写りしないようになってくれたらいいのに……ほんとまじで……。

もちろん、手帳って本当は人に見せるものじゃないから、殴り書き・走り書き状態なのは事実です!!

そこは認めます! が、Jetstreamで手帳書いていた時代はほんとうにこれの半分くらいマシだった……。

ほ、ほんとなんだから!

 

ま、いいや、来年はガイドブックにインタビューされる気満々なんで、もうちょっと見せられるように書いておきますね!!

 

で、これが月です。

tecyou10

コントラスト上げているからちょっと鮮やかすぎますが、実際はもうすこし落ち着いたカラーです。

毎月カラーが違います。3月はピンクでとても好き。

エンジニアの仕事をやめた月ですね。

週末はディズニーにばっかいるし、結局行かなかった聖飢魔IIの「Kowaii Cafe」の開催時期とか書き込まれていて、微笑ましい限りです。

 

注目してほしいのが、左側と下のチェックボックス。

ずらっと並んでいるので、TODO書き放題。

掲載できませんが、わたしは「2016年の夢 MY DREAM」にあるテーマにあわせて、

毎月、テーマごとの目標を、具体的なTODOにして、ここに書き出しています。

「仕事・勉強」、「資格・教養」、「金融・貯蓄」、「人間関係」、「健康・美容」、「趣味・娯楽」、「旅行・休暇」、「家族・恋人」、「友人・人脈」……

これらが「MY DREAM」にすでに用意されているので、そこに書いた目標を、具体的にどういうふうに行動にするのか? を毎月書き出してみるわけです。

 

前の手帳でもこんな感じで使っていたんですが、ジブン手帳では「MY DREAM」に欲しい項目が網羅されていたうえに、とにかくチェックボックスの数がすごいので(笑)、綺麗に整理ができて嬉しかった!

 

にしても、きったなくて読めないな! いいけど!(笑)

 

こちら、週です。

色分けは、Stylefitとフリクションのマーカーで、

青=仕事

緑=休み

オレンジ=創作や夢に繋がること

ピンク=体調のことや超嬉しいこと

黒=その他、でわけています。

 

tecyou8

tecyou7

tecyou6

マンスリーにもありますが、「顔マーク」は、気分でつけています。

美容健康のひとですから、食事の記録も。

だけどつけられるときだけ。断糖肉食、やってますね~!

 

フリースペースに書いているプチ日記的なものは、振り返るとすごく役に立ちます。

「ああ~今の体調不良ってここからかな?」とか、「これが原因かな?」とか見える。

落ちこんだときに、「こんな幸せだったじゃない!」って元気貰えたりする!

食事も書いておくと、「これ食べたからだな~」って身体の調子が見えたりします。

 

あとちょっと使ったお金とかも書いておくと便利ですよね。

 

しかしどれもめっちゃ忙しいときとか、作業が単一で家に引きこもってやっているときなんか、

真っ白になったりしますけども(笑)。

書き方も安定しないので、まだまだベストな使い方を模索中って感じですね!

それがまた楽しい。

 

その他「DIARY」のおもしろいコンテンツ

汚すぎて恥さらしの極みなんですけど、ジブン手帳の魅力を紹介したいので、限界ギリギリで公開します。

走り書きすぎてほんともう。

でもうこうしてきっちり記録できると、あとで埋もれないから、イイ!

以下、ほんの一部です。

tecyou5

読んだ本リストです。きったな~~(笑)

今年は全然読めなかった……。

というのがひと目で丸わかりです。(下に続いてはいるけどさ)

また、沢山読めば何を読んだか忘れてしまう。

購入日から読了日まで、かつては自分でマンスリーの端っこにメモしていたので、これは嬉しかった!

tecyou4

なんと約束リスト!

これすごくよくないですか!

近々でない約束って、そのまま流れていくことが多いけど、ちゃんと書ける!

ここ全然チェックはいってないよ~~! でもでも残っている限り、意識戻せますからね!

スケジュールに余裕があるときにぱっと見返して、すっとここから持ってこれるといいですよね。

imag4039

ウィークリープランです。

いわゆる時間割を書いておける!

わたしはこれは、「体内時計」を書いています。

ビジュアル分析学でも教える、東洋医学のものですね。

この時間はどの臓器が動いて、どの臓器が休むか。

それにあわせてどんなふうに生活をするといいのかも、ワンポイントで書かれていたりします。

仕事中にぱっと見て、身体の様子を見たりする。

imag4040

「月刊プロジェクト」です。

創作活動の記録や、これはWebサイト作りの記録をつけていますね。

あとになって時間の見積もり、作業工数が割り出せるので、大事です。

作品も、この話はすごい長いこと時間かかったんだなあ……なんて振り返ると面白い。

ちゃんと書けているかもチェックできるからいいですね!

これもまだまだどう使えるか、模索中です。

 

ほかにも「DIARY」はたくさんのリストなどあります。内容は上のほうに引用したとおりです。

「貰いものリスト」とか、すごくいいんです。

 

TODOリスト系は、達成できてないのが多いなあ……と思うのがいやで使いたくなくなるひとがいそうですね。

でも、手帳って自分を責めるものじゃないですから!

かの有名な『7つの習慣』でもあったと思うんですけど、柔軟に。これが大事ですね。

そのとき必要と思ったことでも、しばらくすると変わることだってありますから。

別のものに変わることだってあるし。

物事って、変化しますからね。

 

「IDEA」はほんとうに自由に使っています

別冊の「IDEA」ですが、こちらは思いついたこともそうだし、「DIARY」の「お気に入りの言葉」に入りきらない文章を入れたりしています。

tecyou3

これ、ゆみさんと出逢ったばかりのころに書き写したブログだな~。

隣もゆみさんの書籍からですね。

日付も見ると鞄を盗まれたすこしあと! もがいていたときですね!

tecyou2

メタトロンで出た自分に合う食品もずらっと。これは我ながらマメだ。(笑)

なんでここを載っけるかというと、どんどんこれらの食べ物をプレゼントしてくださって結構ですよ、ということです。

どうぞよろしく。

ちなみにこれは万年筆で、インクはペリカンの4001という水性のもの。

万年筆だと、書き心地はやっぱりいいですね!

(万年筆も鞄ごと盗まれて、帰ってきた……)

 

創作のネタ帳は、今のところ別のノートを使っています。

「IDEA」は別冊でばら売りもあるので追加できるとはいえ、いまのわたしとしては、大事なメモを書くところって感じです。

創作ネタ帳はぐちゃぐちゃ~ってなるし、これ以上の走り書きになっちゃうから、もうちょっと安いノートでもよいのです。

気軽に書ける。

でもできればやっぱり手帳と一緒にスリムに持ち歩けると、理想ですよね。

ここでまとまると、素敵だな~。

 

あと、角の四角はCamiAppアプリ対応なんですよね。まだ使っていません!

昔はそういうの即試していたけど、とりあえず今はデジタル化しなくてもいいという感じ。

将来使うかも。

 

「LIFE」はこれから!

今年やっと手に入った「LIFE」は、

・人生でやりたい100のリスト
・人生の夢
・座右の銘
・人生設計
・通年記念日
・日本&世界旅行地図
・ジブン年表
・家系図
・緊急連絡簿
・パスワードヒントリスト
・資産欄
・病歴
・お気に入りの写真

こんな内容です。

別冊なので、手帳が終わっても来年また一緒に持ち歩ける。

なかなかどうして便利そうですよね。ワクワクするな~。

 

「ジブン年表」なんて、ビジュアル分析学で推奨していることまんまです。

自分の過去を振り返ることで、いろんなことが見えてくる。

さらには未来もあるから、こうなる! って決めたことを先に書いちゃうのだってありだと思います!

 

個人的に「通年記念日」がおもしろい!

年間毎日へんな記念日があるんですね。ぱっと開いて目に入ったのが8月3日の「はちみつの日」……(笑)

さすが人間プーを自称するだけあるというものです。(はちみつ大好き)

 

ジブン手帳、自由に使う

というわけで、ざっくりと中身を公開してみました。

あえてみっちり書かれているようなところで、かつ問題がさほどなさそうなところを公開しましたが、なかにはほんとうに、なんも書いてないじゃん! っていうページも。

先日発売された『ジブン手帳公式ガイドブック2017』で、いろんな人の使用ページを見ると、その細かさに驚いたりします。

 

でもそのガイドブックで「我らジブン手帳スカスカ組!」っていう気持ちのいい特集があり(笑)、

そうそう! って頷いてしまうような同志のみなさまの手帳とインタビューがあって、

なんだろうか、使い込まなきゃ! みたいな強迫観念みたいなのが一気に薄れて、だいぶ楽になりますよ。

 

文具マニアのなかでも、手帳マニアってかなりアツいと思うんですね。

いかにがっつり使うか! みたいな印象が結構あるんですけど、この特集ページを見て作者の佐久間さん、ほんとうにわかってらっしゃる~って感じました!

 

全部埋めなきゃいけないわけでもないし、空白があってもいいし、ルールを作らなくてもいいし。

やりたい人はがっつりやれるけど、適当にも使えるっていう。

この許容される感じ、心地良いですね~!

(たしか作者の佐久間さんも、マンスリーは使っていないんじゃなかったですっけ)

 

ほんとうは一日の終わりに手帳、つまり自分自身と向き合う時間があったほうがいいとは思うんですけど、

本気で忙しくて、むしろ一日の終わりどこ? みたいなときは、そんな時間はない!

もったいない気もするし悔しい気もするけど、白紙になってもしょーがない。

そんで、

imag4041

朝までドラクエX、ねる、朝までドラクエ→ひたすら寝る→ドラクエX ねる

ってこんな日もあったって、いいじゃない。

 

で、ガイドブックに載っちゃった!

そんな公式ガイドブックなんですけども、Twitter上でカバーコンテストの募集があり、即応募してみたところ……

imag3750

銀賞いただいちゃいました!

作ったのは母なので、母の功績なんですけど!

おろり(オロチ)って、この名前ね(笑)。

この名で顔も出さず、コスプレ以外でメディアに出るのは初めてだと思われます(笑)。

 

長々と前半語ってきたように、ジブン手帳を使うまでにいろ~んなことがあった。

はじめは、ただ「使ってます!」っていうライトな感じじゃないんですよね。

この手帳に出逢うまでのわたし、出逢ってからのわたし、すごい変化をしています。

(師匠のゆみさんと、ジブン手帳って感じ)

その過程、ほんとうにしんどかったから、なんだかそんなジブン手帳の初のガイドブックに掲載されるって、妙に感慨深いものがありました。

ま、母の功績ですけど!!(笑)

 

ですからほんとうに、しみじみしながら母と姉とガイドブックを見ました。

作者の佐久間さん、ほんとうにいい記念になりました! 感謝でございます!

 

そんなわけで、こんなに長々と、記事をしたためてみました。

若干メンヘラ気味の気持ちの悪い記事になっちゃった感が否めませんが、しかも字汚いし、いいイメージなんもなくない? っていう……でもまあいい! 記念です! 記念!

 

そしてそんなあれこれを経たわたしは、来年のガイドブックにはわたしのインタビューを掲載してもらえるようにがんばりますね!(笑)

 

デジタルでも管理しています

ちなみにわたしはどうしてもIT人間なのか、デジタルから離れられず、ジブン手帳一本ですべて管理、というわけではありません。

整理術のGTDというメソッドがありますが、そういう考え方を取り入れて、Evernoteを愛用したりもしています。

ていうかEverenoteないと今生きていけない感じです。

なんとか一元化できないかな~とは思うんですが、なかなか難しいですよね。

アナログはアナログのよさ、デジタルはデジタルのよさがあります。

単純にマニア的な要素もあるんですけど、ほんとにすぐにごちゃごちゃしちゃうので、なんとか整理整頓して、スムーズに生きたいって思っているので、今後も探求してしまうのだろうと思います。

何かおすすめの整理術、手帳術があったら、ぜひ教えてください!

 

ジブン手帳も自由にとはいったものの、やっぱり使い倒したいので、今後もいろいろ試したい!

ガイドブックも、あらためて読んで参考にしてみようと思います!

そして2017年も、思いっきり飛躍の年にするぞ~~!

 

ジブン手帳はいろんな種類、組み合わせがあります。

みんなも試してみてはいかがでしょうか! 楽しいよ!

 

 

ふーーー長かった!!!

(笑)

最後まで読んで下さった方、ありがとうございました!

 

 

Amazonジブン手帳関連ページ 

コクヨジブン手帳2017年サイト 

 

 

 

LINE@やってます

手帳術・メンタル・健康&美容のことなど、何かききたいことがあれば、まずはこちらでお尋ねくださいませ!


友だち追加

2017年もジブン手帳だ! 来年はガイドブックにインタビューで載ってやるじょ!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です