法的にOKでも想像力がほしい。USJの日本人形ホラー扱いの件

吉徳様の藤娘写真

 

個人的趣味で、京人形・藤娘です! 吉徳さまよりお借りしました。

今日TVで見かけたニュースですが、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)が「祟(TATARI)~生き人形の呪い~」というアトラクションで、日本人形を展示しているそうですね。

これに対して、日本人形協会が抗議をしたとか。

 

 日本人形の生産者や小売業者でつくる日本人形協会は18日、テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」を運営するユー・エス・ジェイ(大阪市)と淡嶋神社(和歌山市)に、日本人形をお化け屋敷などで展示しないよう求める抗議文を送付したと発表した。

 

 USJは9月10日からハロウィーン期間限定のアトラクションとして、お化け屋敷「祟(TATARI)~生き人形の呪い~」を開催。施設内には、人形供養で有名な淡嶋神社から貸し出された数百体の日本人形が陳列されている。

 抗議文は「日本人形を恐怖の対象として扱っており、イメージを著しく損ねている。供養を目的に神社に奉納された人形を転用するのも問題がある」としている。

 

 これに対し、USJは「抗議文の指摘は法的な根拠に基づいたものではなく、アトラクションは予定通り続ける。ただ、貴重な意見として参考にしたい」とコメントしている。 

引用:Yahooニュース

(現在ニュース記事の公開は終了しています)

 

ホラー周辺はそう遠くはないわたしですので、目から血を流す日本人形を見て、

いきなり「不謹慎!」とかは思わないんですけれども(笑)、日本人形協会側のコメントを映像で見て、深く頷いてしまいました。

日本人形協会の抗議文PDF 

 

 

エンタメ・作品・ビジネスとしての立場もわかるけど

「日本人形をホラーに使うな」となると、

富士急の病院をテーマにしたお化け屋敷が病院のイメージを著しく傷つけるとか、ホラーに骸骨使ったら整骨院にとって不利益になるとか(笑)、まあそれはちょっと違いますけど(笑)、キリがないところがあります。

日本人形は確かに昔から、和製ホラーのテッパンネタという印象もありますから、いきなり抗議を受けると、驚くかもしれません。

下手をすればそういう抗議が「過激派」だの「敏感」だの「めんどくさい」という残念な印象になる可能性もあります。

 

わたしも、「それ言っちゃうとキリがないな」、と一瞬思ったのは事実です。

かくいうわたしも昔、能面をホラー演出に使おうとしたことがあるし。

今後もモチーフとして、文化的何かを使うことだってあるかなと思います。

 

基本、悪ふざけの人生だし本当に人のこと言えない。(笑)

 

 

 「作家が悲しむ」という協会の発言、すごく理解できる

しかし、「作家が悲しむ」という協会の方の声をTVで聞いて、まったくそのとおりだなと思いました。

 

本来、人形は基本的に呪術的な意味合いもあるとは思いますが、日本人形って一般的に、幸せな願いが込められていたり、子どもの成長を祝ったり、形見になったり、供養に用いられたりと、そういうもののはずです。

(文化人類学的にちゃんと引用しないといけないところでしょうけれど、ここでは省きます)

 

職人にとっても、当然遊びではなく、丹精込めて、長年鍛えた技術を用いて作るもの。

もちろんどんな意味合いがあって作るのかということに、すごく真剣に向き合っているのであろうことは想像にかたくありません。

 

個人的に、小さいころから人形を見ていたずらに「怖い」と言われることに抵抗があったのですが、それはわたしが人形好きだからということもあります。

でもやっぱり人形がかわいそうだし、作った人がかわいそうって、思うからなんですよね。

わたし自身も作品作りをしたり、芸術を愛するものの端くれとして、もし自分が愛情こめてつくった人形を、面白おかしくネタとして、呪いの人形とされらた、それはあまりにも悲しいよな想像するだけで胸が痛くなります。

 

また協会側から、営業妨害になるというのは、言われて当然のことです。

ただでさえ日本の伝統文化が廃れつつある今なのに、USJとか影響力が強そうなところでネガティヴなことに使われたら、買う人なんかますますいなくなるよなと感じるのは、すぐに想像できる話です。

人形の裏には人がいる。想いがある。

職人さんは生きて、生活をしていますからね。

 

 

法的に根拠がなければ、何やってもOKか?

USJ側のコメントは、便宜上ということもあると思いますが、ちょっと残念。

 

「抗議文の指摘は法的な根拠に基づいたものではなく、アトラクションは予定通り続ける。ただ、貴重な意見として参考にしたい」

 

なんで素直にごめんなさいが言えないのか? って思っちゃいます。(涙)

謝ってしまえばアトラクションは中止、いまさら損害が出るのでそんなことできないんだろうとも想像できますが、それにしたって「法的な根拠に基づいてない」とか、えーーーです。

感じ悪すぎる。(笑)言い逃れ感ハンパない。

とりあえず、「貴重な意見として参考にしたい」だけでよかったんじゃ。

もしも謝るつもりがサラサラないよっていうのなら、淋しい限りです。

それはあまりに想像力がないし、エンタメと利益のために法律以外のことをなんでもしてもいいのかって話です。

 

なにより意味不明なのが、人形を貸し出した神社ですよね。

事実がわかりませんのでむやみに批判できませんけれども、人形供養に出されたものを、ホラーアトラクションに貸し出すって、なんだ? 子どもの悪ふざけか?(笑)

同世代以降の怖いゆとりKY感を感じますよ(笑)。

おいおい、目に見えないものを畏れる神社がやることじゃないでしょうよ、って話です……。

※もちろんゆとり全員KYとか思っていません。

 

道徳のすべてを法律化しているわけじゃないし、言わなくてもやっちゃいけないことはわかるだろ、ということですよね。

(そこを担うのが宗教だったんでしょうけれども)

 

 

作家の生活、気持ち……「想像力」がほしい

大学生くらいからでしょうか。

違和感や生きていくうえでの辛さを言語化できるようになってから、世の中って「想像力の欠如」があまりに酷いんだな、と感じることがよくあります。

 

いつもいつも敏感で神経質でいる必要はないし、失敗も失言もあるのが人間。

そこを裁くと生きにくい世の中になりますが、それにしたって、ちょっと想像力があればこんなことにはならないのでは? と思うことが多々あります。

 

今回のこともビジネスとして考えたら、おふざけじゃないのだし、影響範囲とか想定とかできたのではないかと思うのですね。

神社側のやったこととか、わかっていてやったとは思えないほど、不謹慎すぎて。

 

よかれと思って盛り上げるけど、それが相手や誰かをものすごく傷つけているかもしれない。

 

人と関わって生きていくうえで、想像力って、本当に大事だと、思います。

 

わたしは「想像力ねーなこいつ」って思うと、距離を置いてしまう。

だって傷つくのが嫌なんだもん。(傷つくのはたとえ自分の問題だとしても)

 

想像力は養うことはできると思います。

陳腐ですけど、本を読む、映画を見る、というひとの情緒を見たり追体験することが有効なのかなと。

あとは実体験ですね。人とたくさん関わって、そこで感じてゆく。

結局のところ、それしかないのかもしれません。

 

とはいえ、悪気なく感じにくい「フリーチア」タイプの人もいるのは、事実なんですけれども(笑)。

(ビジュアル分析学の5つの基本タイプのひとつ)

 

 

LINE@やってます

手帳術・メンタル・健康&美容のことなど、何かききたいことがあれば、まずはこちらでお尋ねくださいませ!


友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です