16年、子どもの心と向き合った臨床心理士の雅子先生に学ぶこと(焼き鳥も!)

wp-1477123818303.jpeg

ビジュ分もお世話になっている、臨床心理士の大内雅子先生と焼き鳥に行ってきました!

もーのすご〜く良いお酒の席でした! 先生おすすめのお店の焼き鳥はもちろん美味しいし、お話は楽しいし、希望もたくさん語れたし、超えないといけない自分の課題もまたまた見えたし! 超充実した時間で最高でした!

 

wp-1477124802010.jpeg

ツーショットはわたしの顔がやばすぎたので小さくしました(笑)

 

wp-1477136360498.jpeg

お誕生日祝にロゼワインも頂いちゃって! げに美しき!

なんだなんだ最近ロゼづいてますね!! ハマコレのモデルチームも「ロゼ」だし!

こないだの誕生日でもロゼで酔いつぶれかけたし!(笑)

こんどは安心して家で酔っぱらおうと思います(笑)。

 

wp-1477123835811.jpeg

ニラ巻が美味しくておかわりしてしまった!

 

wp-1477123832498.jpeg

銀杏も宝石のようだわ!

ちなみに雅子先生は軟骨ばっかり食べてる(笑)

 

焼き鳥後はイタリアンへ!

wp-1477123843785.jpeg

(不意打ち!笑)

 

雅子先生とは不思議なご縁があります。

先生の職場が、わたしが6年通った小学校がある横浜・山手であったり、まったく別ジャンルの共通のお知り合いがいたことが判明したり!

 

wp-1477123839318.jpeg

(顔……w)

そう、山手……。

よもや6〜12歳までのわたしがランドセル背負って通った通学路で、酒を飲む日が来るとは……。

なんか、しみじみっていうかしょんぼりしました。(笑)

わたしまだ子どもでいたかったんだわって、思いました。(笑)

子どものころのアレコレを解消できてないんだなって、思っちゃいましたよね〜〜。ちぇ〜(笑)。

 

出逢いは強化合宿の先生として!

そもそも先生との出逢いは、ビジュアル分析学協会の、診断士強化合宿でした。

雅子先生がゲスト講師でいらっしゃったのです。

あの合宿でわたしはこの道に行く勇気をいただけたし、決意が持てたんですよね。

それと同時に、どれだけ厳しい世界であるかというのも実感しました。

カウンセリングとはひとの人生に関わらせていただくもの。

生半可な気持ちで、おためごかしだけでやっては絶対に危険だし、無理なのです。

それを実体験させていただいた合宿でした。

 

先生は、16年、児童養護施設などで子どもたちや、家族の深い心の傷と向き合ってこられたプロフェッショナルです。

現在はフリーで、さまざまな学校や施設に行かれています。

それはすこし異例なことだそうです。

先生の実績や人柄、実力を見て、いろいろなところからお声がかかるから、実現できたことなんだろうと思います。

 

わたし自身、精神科や心療内科に通った経験がありますが、先生のような方には会えたためしがありません。

ちょっと、正直、「同じ職業のひとなのかな?」と疑問に思うくらいです。

全員が全員そういうわけではないでしょうけれども、本当に愛も何もない精神科やカウンセラーもいるのは事実です。

ほんっとうに、もっと早く、十代の頃に雅子先生に出会えたらよかったのにって悔しくなりますもんね。

 

雅子先生から学ぶこと

ビジュ分は、もとになっている自然療法、ホメオパシー、東洋医学などを用いて、それぞれの方向から、心と身体のつながりを紐解いていきます。

なぜ、自然療法のみ、ホメオパシーのみ、東洋医学のみで終わらなかったか?

あらゆるメソッドを取り入れて、あらゆる角度から見る必要があるから、ビジュアル分析学が誕生したのだと思います。

それは創始者の、年間1000人を超す19年の治療家としての実体験や、独自の学びの結果です。

 

ビジュ分では、心をとっても重視します。

病気に対しても、対処的に向きあうのではなく、どうしてその症状が起きているのか?

どうしてそこに症状がでているのか?

まず心に注目していきます。

(※診断士は病気の治療行為はしません)

 

ですから、やはり心理学や、心理のプロフェッショナルの知識も必要です。

ホメオパシーや自然療法、東洋医学以外のプロの視点も必要です。

 

わたしたちはどうしても臨床心理士の方々のような経験はしていません。

それぞれの診断士の経歴によりますが、ビジュ分の資格としては、臨床心理士課程と同じカリキュラムではありません。

 

だからこそ、強化合宿に雅子先生をお招きして、カウンセラーとしての勉強をさせて頂いたのです。

 

それはビジュ分に自信がないからというわけではなく、

もっと強化したい、もっと誰かのために進化したいという願いもあるからです。

 

「ビジュアル分析学は生きた学問である」と代表も言うように、常に進化していますし、勉強をやめません。

ウォルトのディズニーランドじゃないですけど(笑)、良い意味で「ビジュアル分析学は永遠に未完成である」なのかもしれませんね。(笑)

 

まあもちろん、ビジュ分にかぎらず何事も、完成ってないんだろうとは思いますが。

わたしは代表のゆみさんの、そういう、いい意味での流動的で、本物・良い物は取り入れるというスタンスが、好きですね!

 

ただ!

心理学どうこうというよりも、やはり雅子先生だから、というのが一番にあるのだと思います。

臨床心理士であれば誰でも良いわけでは決してないのです。

先にも書きましたが、資格がすべてではなく、全員信用できるとは限らないからです。

 

今後も雅子先生には、学ばせていただきたいことがたくさんあります。

わたし自身も、クライアントさんと向き合うこと、そして子どもたちと向き合うことにおいて、本当に学びたいことがたくさんあります。

こうしたプロの先生がいてくださるのは、ほんとうに心強いことです。

 

 

講演会「過去の傷つきからの回復と生きなおし」

2016年11月21日(月)、横浜で雅子先生主催の講演会があります。

タイトルは「過去の傷つきからの回復を生きなおし」。

スピーカーは、ビジュアル分析学の代表、猪狩ゆみ先生と、

おやこひろば「桜梅桃李」代表 心理カウンセラーの柳谷和美先生です。

 

両親の死、荒れた十代、

DVや性虐待を乗り越えて、いま幸せに力強く生きるおふたりの講演です。

 

子どもの虐待などに向き合ってこられた雅子先生が、子どもに関わるひとすべてに聞いてほしいという講演。

もちろん子どもに関わらなくても、

もう大人になったわたしたちにとっても、絶対に必要な内容です。

 

知らない間に被害者になっていることも、加害者になっていることもある。

 

知識があれば、未然に防ぐこともできるし、

すでに心に傷を負ったとしても、乗り越えた先輩の声を聞くことで立ち上がることができるようになる。

 

傷を負ったひとや、子どもを持つ親御さん、そして周囲に心の傷を抱えているひとがいる方、「わたしにはあんまり関係ない」と思う方でも、とにかくいろんな方に聞いていただきたい内容です。

絶対に無駄じゃないし、自分や周囲の、いつか誰かの力になるお話だと思います。

わたしももちろん、聞きにいきます!

ぜひみなさんも、平日の夜ではありますが、いらしてください!

かならず大きなものが得られるはずです!

 

日時:2016年11月21日(月)18時~21時
会場:かながわ労働働プラザ
    *京浜東北根岸線 石川町駅
参加費:3500円(事前振り込み制)

お申込み:
https://ssl.form-mailer.jp/fms/6a659288423751 

 

詳細はFacebookでもご覧ください。

https://www.facebook.com/events/292314281151359/

 

14237589_1090948484293183_7659022864910311760_n 

14237510_1090948524293179_4425706537522031871_n

 

 

 

★ビジュアル分析学診断はこちら!

ビジュアル分析学の診断とカウンセリングを受けてみませんか?

診断内容とメニュー・料金・スケジュール

お問い合わせはお気軽に! こちらまで

 

LINE@やってます

手帳術・メンタル・健康&美容のことなど、何かききたいことがあれば、まずはこちらでお尋ねくださいませ!


友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です