【台湾2】『最愛台湾ごはん』を片手に、ひたすらグルメと声優の小宮山清さんに逢いに行く!

前回のその1、ちょこちょこいろんな方に見ていただけているようで、嬉しいです!
写真を編集して貼り付ける作業が地味にすごく大変なので
こういうことは滅多にやらないんですが、がんばっている甲斐があります!
小宮山清さんにもお読みいただいたのでなお嬉しい♪

台湾にて小宮山さんと再会! さっそくステーキ&マンゴーかき氷!

さて台北牛乳大王からホテルに戻ると!
ホテルのロビーで、小宮山清さんと奥様が!!
約7年ぶりの再会……!?
ほんとうに光栄です(涙)!!!
ご挨拶をして、さっそく移動です。

奥様のご案内で、いろんなお店の集まる建物へ。
何やら台湾のアニメオタクの人たちが集うところらしく、
1Fはさながら秋葉原のレンタルショーケースといったところ。

わたしたちは地下のステーキ屋さんへ!!

台北のステーキの写真

どん!
このヴォリューム!!!!
ソースは甘いものと胡椒がきいたグレイビーソースのようなものがあって、
わたしは胡椒の方でいただきました♪
(写真が下手ですみません!)

そしてここで早速の台湾の洗礼を……
お茶が、甘い!!!

お茶が甘いというのは聞いていたけど、
こういうセルフのお茶さえ甘いとは……衝撃!
しかしステーキの下にパスタと目玉焼き! これも斬新!

その後わかっていきますが、なんだか台湾は卵が大好きなのかな?
目玉焼きや卵トッピングがすごく多い気がします。

あと、卵が黄色い。
鶏の卵じゃなくてアヒルの卵だったりするところもあるようですが、
これは日本の卵のビタミンDとかが餌に添加されている
オレンジ色の卵に慣れつつある現代人には
かわった色に見えるんじゃないかなと思います。

(ざっくりいうと、レモン色の卵が本来の卵だよね)

台北コーンスープ

ポットパイ大好き!!
コーンスープが入っていて、これも甘~い!
しかし完食!
パイがスープに落ちてトロントロンになるのは、美味しい~!

にしても!
どれもヴォリュームが!
日本の常識だとどうしても、1人1つ頼まないと失礼だなと思うんですが、
どうやら台湾はシェアは普通のよう……?

マンゴーかき氷の写真

その後マンゴーかき氷にも連れて行っていただき、
超特大のかき氷……!!
比較対象がないから伝わらないかもですが。

マンゴーの山! 山、山!!
超贅沢!
練乳もかかってる!
今は我慢して食べない練乳も、もとはめちゃくちゃ大好物……
今回は旅なので食べましたとも。ええ食べましたとも。

もともとアイスとかかき氷の類いって
冷たすぎて得意じゃなかったんですが、
台湾に行ったら有名だから食べてみようと思ってたんですよね。

が。わかりました。
台湾のあの暑さ。
かき氷とアイス食べたくなる気持ちがわかった!
物理的に涼しくなるよ!(当たり前)

 

小宮山さんと奥様との写真

奥様と、小宮山清さん!
わたしの顔がいろいろ問題ありすぎて(笑)、
ふざけたスタンプですみません!

周りに撮ってくれそうな人もいなかったのでセルフィーとは、
これまた大御所になんと無礼なという話ですが、
この気さくな笑み~♪
(お声はもちろんやっぱりピグレット~!!)

奥様がほんとうに可愛らしくてパワフルで!
今回はわたしたちのために仕事をお休みしていただいて、
お付き合いくださったとか……本当に感謝です(涙)。

いや、奥様というか、
小宮山さんもほんとうにパワフル……
おふたりのすばらしい足の速さに、
後ろを歩くわたしと同行者のい脆弱っぷりを痛感。
いちばん若輩者のわたしが一番体力ダメっていうもやしっ子っぷり!
若輩者なんて体力くらいが取り柄みたいなものでしょうに……。

 

小宮山さんは山登りをたくさんされていたとのこと、
しかも大親友の、田の中勇さんと……!!
ピグレットと目玉のおやじが一緒に山登りしている姿が目に浮かんでしまう……。
サイズ感はいい感じですよね……(笑)。
(ピグレットってクリストファーロビンの手のひらに乗るサイズ!)

なので足腰には自信がおありとのこと。
わたしも歩くのはやいんですが、小宮山さん、がんがん歩かれます。
すごい……。

 

さてお腹もいっぱい、夜になったので、
ホテルに戻って、そちらでまた記念撮影をして、今日はお別れです。
その写真もちょっと色々わたし酷すぎて、ここでは割愛……(涙)

小宮山さん、奥様、どうもありがとうございました……!

 

かき氷のカップの写真

マンゴーかき氷やっぱり満腹すぎて食べられず、残りはお持ち帰りに!
お店のおねえさんがカップに入れてくれました。

溶けちゃうだろうし、いったいどうなっちゃうのかと思ったら、
めちゃくちゃ美味しい果肉入りの、マンゴー練乳ジュースになりました……
薄まっちゃうかと思いきや、じゅうぶん濃厚で、
今日のみ! と言いながら飲んでしまいましたよ!

 

台北のインコの写真

一息ついて、買い物のために近くのファミマまで!
ここに無印良品と、日本のお菓子がたくさん入っていてびっくり。
日本人観光客多いからか、それとも地元の当たり前か?

でもほかのファミマに入ったときは無印がなかったので、
ホテルのそばだからなのかな~?

向かいのとおりのお店の前には、セキセイインコちゃんたち!
鳥に目がないわたし。

しかし台湾に限らず横浜の中華街でもどこでも思うんだけど
排気ガスが沢山出る通り沿いに出しておくのはどうなのかな……って。

台湾ビールの写真

台湾のビールでさらに一息!
明日の予定を立てます。
結局お風呂入っていろいろやってたら、やっぱり12時は越える……
まずい……。
そして即、意識失うように眠りました。

 

台北二日目、Uberとバスを使いこなして、いよいよ旅開始!

おはようは5時ごろ!

なんでかって、春菜ちゃんの本にあった
阜杭豆漿が朝の5:30からやっていて、なおかつすごい行列だとあるから!

豆漿って豆乳のことなんですね。
朝ご飯の定番だというので、早くから出かけて食べたい。
そして一日を長くすれば、より多く食べられる!
日常では絶対に出ない根性、出しました。

さあ、
体力と胃袋の限界に挑みながら食べまくる旅がはじまります。

これがSuicaみたいな、地下鉄やバスなどで使える「悠遊カード」。
まずはコンビニで購入して、とりあえず100元(400円くらい)チャージ。
コンビニのおねえちゃん、英語などもなかな通じず、
本にあったとおり「ようようか~」とお願いして、
身振り手振りでお互いにボディラングエージ、
どうにか購入。
いろんな種類と形があってびっくり。
バーバーパパとかあったみたい。しかもあの形なの。

私は迷わずミッキー。
……なんですかねこのデブいミキミニは。

春菜ちゃんの本でも紹介があった、
悠遊カードの残金がわかるアプリ
これはどうやらすぐに反映されず、翌日に反映されるもよう……?
だめじゃん! ってアプリに文句を言いながら
しかしまあ、緩い台湾らしいアプリか……と思って許せる。(笑)

 

さて、
Googleマップを駆使しながら移動手段を見ていると、
やたらバスが出てくる。

MTR(地下鉄)駅より近い!
でも、やっぱり地図が見たくなって空港でささっと買ったガイドブックにさえ、
バスの乗り方はあんまりきちんと書かれていないし、
観光客には難しいと。

そういうの見ると、よけいに乗ってみようかなと思うやつ。
小宮山さんからも、バスは難しいとうかがっていたんですが、
MTRで行くよりも早いし安そう、これはチャレンジ!

台北西門付近のバス停

これはたしか西門付近のバス停ですが、道の真ん中にあって
大きくてそれっぽいのでわかりやすい。
普通は日本と同じく道沿いに青いパネルがたっています。

で、Googleマップに従ってバス停にむかって、
番号どおり乗り込む。
なんとか一駅乗り越したものの到着できた……。
やはり初心者には、けっこう大変でした。

 

基本的な台北のバスの乗り方と特徴

・バスは手をあげて停める!
・乗り込むときに「上」「下」と車内の電光パネルに出る
 「上」=先払い、「下」=後払い
・1乗り、悠遊カードで15元くらい(約60円)
・カードは運転手の横か、後ろのドアの付近でピッとタッチ
・車線が日本と違う?ので、バスが左から来ると思っていたら右から来るなど混乱する
・バス停は英語のコールなどはない(はず)
・バスがめちゃ古いこともある
・運転が驚くほど荒いことがある

 

漢字とローマ字に抵抗感が強い人は、厳しいかもしれません。
バス停の文字と、Googleマップに出る英語読みを、
なんとなくフィーリングで読み取って、
どちらの方向のバスか確認したり、
下りる駅が何個目か確認しましたけど、
常に気を張って乗っている感じだから、
本気で疲れているときはしんどかった。

GoogleマップをひたすらONにしておいて画面を見守り、
近づいたらボタンを押すって感じでしたが、
バッテリーざくざく減るね……!

でもバスによってはUSBで充電できたので、
うまいこと遭遇できると安心します。

 

阜杭豆漿の行列写真

油断するとすごい勢いで通り過ぎてしまうバスですが、
1駅乗り越したものの、歩いて阜杭豆漿に到着!

……え、まだ6時くらいですけど、すごい列……。

40分~1hくらいは並んだ……
またも日本ではぜったいに見せない根性見せた……
恐ろしい食欲!

並んでいる途中はお土産屋のお兄さんが
ゴボウ茶といろんな鳳梨酥を持ってきてくれて、試食させてくれました。

阜杭豆漿のメニュー写真

メニュー見たけど、本気で我慢をして、ふたりで1つずつ。

鹹豆漿と、蘿蔔絲餅? かな?
台湾風卵入り焼きクレープって書いてあるやつかな。
んまーこれがもっちもちで、別卓においてある辛いソースで食べると最高でした!

鹹豆漿はほぼ湯豆腐みたいにかたまってた。
おいしかった~~優しいお味だね!
台湾は薄味ときいていたけど、これはしっかりしてました。

春菜ちゃんの本によると
お持ち帰りして冷凍できるとのことだったけど、
冷蔵庫が信用ならなかったのと、
どうやって日本に持ってかえればいいのかわからず、
断念……。あと2日あったし(涙)

 

外に出るととにかく暑い……
あれ。
台湾は雨期だっていってなかったっけ?

なんとこのあと最終日まで、一瞬を除いてずっと晴れ続けるという奇跡!
でも、暑かった~~~!
助かったけど!

で、どうやって移動したか記憶にないんですが、
バスか歩きか。歩いた気がします。

 華山1914の写真?

途中なんかやたらアートで開けたスペース登場。
あとでわかったけど「華山1914」というところ?
次はちょっと行ってみたい。

ディズニーとCOACHのコラボショップが特設ででていたけど、
朝早すぎてオープンしていない。
見ると白雪姫モチーフっぽくて気になったのだけど。

ものすごい古びた街の中に
いきなりこういうのが登場するのはおもしろいね~って話をしながら見てました。

台北のマンホール写真

マンホールがかわいかった。

 

台北の街の写真

この快晴!
朝は人も車もすくなくて、清々しい!

 

 

次!
うつくしいサンドイッチ、いろいろぜんぶ炭火焼き。
阿姐的店碳烤三明治とミルクティーです。
これも春菜ちゃんオススメのお店。

ミルクティーはさっぱり! ごくごく飲めました!
やはり甘い味がデフォです。

阿姐的店碳烤三明治のサンドイッチ

予め切ってあるので、ひとつずつ。
でもやっぱりもうこの時点で結構お腹が満たされた……。

 

 

本にあった、うわさのおねさん!

 

阿姐的店碳烤三明治の路地写真

こんな狭い路地の奥にあるのに、人が次々きていたな。
バイクとかで!

 

阿姐的店碳烤三明治の近くの路地写真

この神奈川県横浜市中区感、はんぱない。
めちゃくちゃ馴染みます。(笑)

 

阿姐的店碳烤三明治の近くの路地写真

スケボーにいちゃんたち。
いいねえこういう風景、だいすき。
グランジ感大好き!

 

冠京華の小籠包写真

はい次、冠京華!
日本人、台湾っていったら小籠包!

自慢じゃないが小籠包もパンケーキもブーム来る前にすごい大好きで嵌まってましてね……
わたしはちょっとスネていたんですよ。

ブームになると何がいやって、
美味しくないモノが街に溢れるじゃないですか。
それで滅多に食べられなくなってしまったまともな小籠包ちゃんですが、
意気揚々(?)と食べにきましたよ。

 

春菜ちゃん本いわく、お昼になれば混んでいるとのこと。
朝もまだ9時ごろだったのかな?
忘れたけど、オープンしたてでほとんど人がいなくて、
ここでようやく一息……。

 

冠京華の小籠包写真

蟹黄小包。蟹味噌ですね!
濃厚だけどすごいさっぱり。
悔やまれるのは、もう疲れがピークきていて、
お腹も満腹だったんで、本来のおいしさを味わえなかった感。
くやしい。絶対に次はリベンジいって、普通のもの食べます。

 

ついに初Uberを使います!

はい、では次の場所まで移動します。
が、もう体力の限界です。

ここで噂のUberを使ってみようとドキドキしながらアプリの設定!
んが! UQ mobileのわたし、
認証用のSMSがなぜか届かない。
普通のSMSは届くのに。

しょうがないので、同行者のAndroidで登録。
SMSも無事届き、認証されました。

簡単にいうとUberって
一般人がドライバーになるタクシー。
日本だと白タクって言われちゃうアレですね。

でも目的地を指定して、
近くのドライバーを呼ぶので、すぐ来るうえに、
金額が予めわかる。
乗った履歴も残るし、何かといい。

 

Uberの使い方は他で見ていただくとして……
Googleマップにも移動手段として出てくるUber!!

Googleマップは
バス、電車とUberと金額の違いがぱっと見られるうえに、
Uberアプリをそのまま起動して、目的地を設定できる!!

これが鬼のように便利でした。

 

Uberの車窓から台北

ドキドキしながらはじめて呼んだUber。
大当たり!
黒くて清潔で涼しい車がやってきて、
現地のおじさまがさらーっと、あらかじめ設定していた目的地まで送ってくれます。

 

Uberの車内の写真

それぞれ車によって違いはありますが
初のUberは充電どうぞ! って感じで助かりました!
しかも複数できたので、ほんとありがたかった。
(待ち受け……。照)

 

また、クレジットカードを設定しているので、
お金のやりとりは発生しません。
遠回りされることもない。

金額はタクシーと比べてないんですが、
数駅ぶんくらい? で、だいたい120~150元とか!
600円くらいで二人で乗れてしまえば本当に安い。
タクシーより場合によっては安いのでは。

帰るまでに何度もお世話になりましたが、
いちどもトラブルなく、とにかく便利だったUberでした。

これは新しい旅のかたちだわ……。
GoogleマップとUberで海外旅行が一変しますね。
セレブ気分ですよ。(セレブは乗りません)

 

 

またまたUberで移動して、彰藝坊へ。
ここも春菜ちゃんの本で紹介されていた雑貨屋さん。

わたしってほら、京劇好きじゃないですかァ~。
人形の京劇みたいな、
日本でいう浄瑠璃みたいなのが、台湾にもあるんですね!
わたしの人生を変えた映画「覇王別姫」でおなじみの覇王がいて、感激!

この人形劇を継承している店主さんなのかな?

伝統の「花布」を使った鞄や雑貨がたくさん、ひたすらカラフルです。
観光ガイドにもあるんでしょうね。
奥まった路地にあるのに、
日本人がひっきりなしに来ていました。

 

彰藝坊で買った髪ゴムの写真

わたしは友だちに一目惚れした髪ゴムなど購入。
あのお店のなかではかなり渋い色合いですよ。
みんな水色×ピンク! みたいなのばかりですから!

 

そして、てくてく歩いてMTR東門駅そばへ。
ここで有名な鼎泰豐をみつけ、すごい行列に苦笑い。
わたしは横浜高島屋で味わいましたので、ここでは行きませんでした。(笑)

台北東門近くの写真

で、クレしん見つける。
あとお茶屋さんなのかな、
ちびまる子ちゃんとかも広告にあったりして
静岡、台湾でやるな……! って思いました。

 

松山機場近くの民生炒飯

はい、こんどは松山機場駅ちかくまで、Uberで移動。
民生炒飯へ!
炒飯ランキング1位だって!?
鼻息荒くいきましたが、いやーけっこう待ちました。
牛肉炒飯。120元!
しっかり味、うまい!!

 

松山機場近くの民生炒飯

春菜ちゃんが本で書いているとおり、
ほんとにお店のおじさん、お腹出してた……。
写真見えにくいけど。
わたしも、暑けりゃ腹出す、くらいのシンプルマインドで生きていたいものです。

ここは同行者ともにすごく期待大だったけど、よかったです。
近所の人たちがお持ち帰りで予約しているっぽい。

けっこう待つし、お店の前にはテーブル2つしかないので、
ゆったりのんびりはできませんが、雑多な感じがいい。

 

台湾のひと、とにかくみんな優しいです。治安もよい。

しかしうまいけど、炒飯の時点では意識ほぼ失いかけていた……。

でも、この民生炒飯の直前に
お手洗いにいきたくて立ち寄ったカフェが
みんなとっても若い店員さんばかりで、
やはり英語もあまり通じず……

が、びっくりするほど優しくてですね!

最低額1人60元?だったかな。
そういう決まりがあったそうなんですが、
わたしたち気づかず、合計120元以下のオーダーになってしまい、
それを申し訳なさそうに言いにきたお姉ちゃん。

もう考える力もあまり残っていないわたしたちは、
適当にコーヒーを頼んだんですが、ホットになってしまったんですね。
そうしたら、元のオーダーが冷たいお茶だったということで、
「ほんとうは冷たいものが飲みたかったはずでは?」
みたいな感じで、
なんとアイスティーも作って渡してくれました。
お代はいらないと。

コミュニケーションができないことで
お互い意思の疎通が思うようにできず、
その結果飲みたくないものをオーダーさせてしまった、
という感じだったんですよ。

ほんとうに気を遣ってくれて
なんかもう寝不足+疲れで倒れそうだったんですが、
優しさに感激しました!

お姉ちゃんお兄ちゃん、どうもありがとう!

 

台湾は基本的に治安がよくて、人も親切です。
たまにうろうろしていると、
日本語が喋れる現地の方が声をかけてきて、
「どこに行きたいの?」って聞いてくれることも。

それでも、やはりどこの国でも一緒、
全員信用して着いていくのはちょっとアレなので
それは避けますが、最後までいい人ばかりに出逢えてよい旅でした。

 

……さて、まだ2日目が終わらない!!!
これから、小宮山さんと九份観光、そして夜市へと続きます。

長くなったので、また次へ!!(汗)

 

 

お仕事のお問い合わせ

現在は主にライティングのお仕事をしています。
得意なジャンルは、サブカル系、fashion、IT、美容・健康など。
詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です